New! - 最新話情報

最新話情報09/18:

「ハッ! そこのお狐様は日ごろの行いが大概に悪いからなぁ?」

――新作「ジェットブラック・ジグ」連載中!

Please donate!! - カンパをお願いします!

暘 弥涼のパトロンになってください!

 当サイトの収益は雀の涙です。そんな哀れな底辺作家が今後も活動を続けていくためにも、カンパをお願いしています。
 以下に記載されているリンクから、どうか宜しくお願い致します!!

PayPalから直接送金!

PayPal.Meのリンクを公開しています。
暘 弥涼に直接カンパできます。

Amazon WishList

欲しいものリストをAmazonで公開しています。
リンク先から商品を購入して頂けると、暘 弥涼に商品が届きます。

  • Amazon WishList
  • 書籍などを送っていただけると嬉しいです。
  • プリンを送っていただけると、死ぬほど喜びます!
  • 「何を選べばいいか分からない!」という場合は、PayPal.Meをご利用ください。

有料販売

 当サイトで公開している小説の改訂版を販売しています。

 なお現在、電子書籍版の頒布はAmazon Kindle Storeでのみ行っていて、それ以外のサイトで以下の作品たちが販売されていた場合、それは盗まれたデータが第三者によって不法に販売されているという事になりますので、見つけた場合は著者である暘 弥涼にご連絡いただけると幸いです。


【Kindle版】空中要塞アルストグランⅡ

  1. アンセム・フォー・ラムズ
    《Ⅰ》不均衡な三角形

    ¥350, 日本語
  2. アンセム・フォー・ラムズ
    《Ⅱ》扇動旗を継ぐ女

    ¥350, 日本語
  3. アンセム・フォー・ラムズ
    《Ⅲ》黄昏と黎明の覇者

    ¥350, 日本語

 ※「アンセム・フォー・ラムズ」の内容は当サイトで公開されている小説「コール・オブ・クルセイド」と同一のもので、タイトルのみ変更となっています。


【Kindle版】異説: オラクル

  1. 異説: オラクル《上》
    執筆予定, 日本語
  2. 異説: オラクル《下》
    執筆予定, 日本語

【紙媒体版】神ノ禍

  1. 【カラー表紙版】全巻セット
    ¥4480, 日本語
  2. 【シンプル版】全巻セット
    ¥4015, 日本語

Lineup - 一部作品を抜粋して紹介

長編SFシリーズ:
空中要塞アルストグラン
Disaster genius and Death of frenzy


"――Pellmond, you're watching the future 100 years away. But I'm envisioning a much further far future."


 それは遠い、未来の話。四十三世紀の世界。
 それ以上は無いと謳われた輝かしき黄金時代を終えた人類は、再びの輝きを一目見ようとあがいていた。

 そんな折に現れた稀代の天才、ペルモンド・バルロッツィ。彼という存在は、間違いなく人類が長らく待ち望んでいた救世主であっただろう。彼が見つけたエネルギー物質「アバロセレン」も、しかり。

 だが、誰がそれを知っていたのか?
 天才は人類に奇跡ではなく、災いを齎すために、神の手によって作り出されたということを。
 そして人類は、神々に見放されていたことはおろか、初めから愛されてすらいなかったということを。
 2016年末から本格始動したSFシリーズ。
 サイエンスフィクション? いいえ、サイエンスファンタジーです。
 「EQPのセオリー」「ヒューマンエラー」「ディープ・スロート//スローター」の三部作と、「翠玉のフォノグラフ」「ウォータ・アンダー・ザ・ブリッジ」の二部作からなる物語群。
 同一の世界観を共有し、別の時間軸から世界を描く、まさしくTHEスター・システム。そして当サイトのメインコンテンツとなっています。

長編SFシリーズ:
空中要塞アルストグランⅡ
Woman who was called Beast


"――The era plunged into a vortex of confusion. The dogmas of the quiet past are inadequate to the stormy present."


 それは遠い、未来の話。四十三世紀も後期の世界。
 ようやく二十一世紀と同等にまで進歩した生活水準は西暦四二七〇年以降は平行線のまま、緩やかな衰退を始めていた。

 日に日に活発さを増す市民運動により、政府が少しずつ「アバロセレン」の規制に乗り出す中。「稀代の天才」を演じ続けたペルモンド・バルロッツィは、真相を世間に明かすことなく、自害という道を選択した。

 その一方、人間らしい心を捨てて生き続けることを決めた死神アーサーは、何かを企んでいるかのように不敵な笑みを浮かべている。
 そんなサー・アーサーの真意に、少しずつ気付き始めた者たちは、北米より帰還したマダム・モーガンを筆頭に、遂にサー・アーサーおよび元老院へ、そして全ての元凶へと謀反の旗を揚げるのだが……――?
 2018年中旬から始動した長編SFシリーズ2nd。
 サイエンスフィクション? いいえ。もう、お分かりですよね?
 「コール・オブ・クルセイド」から始まり、「エールケディスの旅人」へと続く物語群。
 同一の世界観を共有し、別の時間軸から世界を描く、まさしくTHEスター・システム。そして当サイトのメインコンテンツとなっています。
(先に前作「狂気の死神と災厄の大天才」を全てお読みになることを、強くお勧めします。)

長編ダークファンタジー:
神ノ禍 - カミノマガ -
Taz'al Ganeposs


『樹海の果てがどうなっているのか、だと? 馬鹿め、そんな単純なことも分からねぇのか』


 近世の中央アジア~東欧あたりを模した世界観を持つ、架空の世界「シアルン神国」。歴代最悪の女帝とも呼ばれたシェリラの崩御を機に巻き起こる皇位継承の混乱の裏側で、幾つもの思惑が交錯する。

 皇位の座を巡って巻き起こる、シアル王家内の混乱。水面下で続く、保守的な貴族と改革を進めたい現政権の睨み合い。宰相である父と、王家を離脱した娘の確執。多くの謎を残したまま、忘れられていく殺人事件。神術という不可思議な力。砂漠に在りし王都の自由な民と、豊かな山に住まう偏狭な民の対立。そして山に眠る「神代の戦記」と、歴史に忘れられた「オブリルトレの女王」という存在。

 ……これらは「神ノ禍」という物語を構成する要素ですが、しかし、これらは本当に「この物語の本筋」なのでしょうか?
 さて。この文面を見ている“あなた”は、どう思われますか?
 「空中要塞アルストグラン」シリーズに連なる外伝であり、2012~2015年あたりに執筆した長編ダークファンタジーシリーズ。2021年に大改訂を行い、「新・神ノ禍」となって戻ってきました。
 本編では謎多き存在として登場する「ラドウィグ」の、その来歴を描いた物語。
(単独でも楽しめるシリーズではありますが、「空中要塞アルストグラン」シリーズのほうにも目を通して頂けると、より一層この世界観を楽しめるかと思います)

Update history

PR